第11回雄町サミット、2019年7月30日にホテルグランドパレスで開催。

雄町サミットチラシ表

今年も「雄町サミット」の季節、到来。
第11回雄町サミットは来る2019年7月30日、ホテルグランドパレス(東京都千代田区飯田橋1-1-1)で開催されます。


【第11回雄町サミット】
2019年7月30日(火) ホテルグランドパレス(東京都千代田区飯田橋1-1-1)

<内容>
 ◎第一部唎き酒会(酒販店、飲食店、酒造会社対象)13:00~15:00
 ◎優等賞発表・審査講評(どなたでも参加可)16:00~17:00
 ◎第二部懇親会(一般参加可・立食形式)18:00~20:30
  前売:5400円、当日:6000円(当日券は枚数に限りあり)

<前売券販売>
チケットぴあ
Tel:0570-02-9999

Pコード:642-921
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1926906

主催: JA全農おかやま、岡山県酒造好適米協議会、岡山県酒造組合
後援: 日本酒造組合中央会、岡山県、株式会社アスク、新中野工業株式会社、株式会社フジワラテクノアート


雄町」は、岡山県在住の篤農家であった岸本甚造翁が1859年に伯耆大山で発見し持ち帰った2本の稲穂から始まった品種。
その後160年にわたる波瀾万丈な歴史を乗り越えて、今に受け継がれてきました。
そのいきさつから「幻の酒米」とも呼ばれた「雄町」の認知拡大を目的として平成20年に始まったのが、このイベントです。

最大の見どころは、岡山県産雄町を100%使って醸した清酒が、全国各地から一堂に会すること!
昨年は32府県から134蔵207点もの「雄町」の酒が出品されましたが、今年も同水準もしくはそれを超える点数の出品が見込まれます。
しかも、出品された「雄町」のお酒は、当日の審査を経て会場にて優等賞が発表。
さらに審査員の講評が会場で聴けるだけでなく、出品酒のきき酒も楽しめるなど、「オマチスト」にはたまらない内容です。

今年も業界関係者限定の唎き酒会(第一部)と、一般の方の参加が可能な懇親会(第二部)の二部制になっており、一部と二部の間に行われる歓評会の優等賞発表と審査講評はどなたでも自由に参加することができます

第二部懇親会のチケットは、ただいまチケットぴあにて販売中。
懇親会には酒蔵の方をはじめ、岡山県で良質の雄町を栽培する生産者の皆さんも多数出席される予定ですので、この機会にぜひ交流していただければと思います。

私は今年は何も役目がありませんので(笑)、普通に来場者として参加します。
会場でお会いできればうれしいです。

詳細は、上のチラシ画像をご覧ください。
また、下記からダウンロードいただくこともできます。
雄町サミット2019チラシPDF

先ほどちょっぴり触れましたが、今年は「雄町」発見から160年という節目の年でもあります。
それにまつわるお祝い的な企画は特にないようですが、雄町ファンの皆様にはぜひ会場を盛り上げることでお祝いいただけると、生産者の皆さんも喜ぶことと思います!

主催者に代わりまして…(笑)。
ご来場、”雄町”しております。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください