台風接近にも負けず!「和酒BAR in おおさか」、無事終了。

和酒BAR in おおさか 会場エントランス10月5日(金)、6日(土)は「おかやま備中杜氏の郷Presents 和酒BAR in おおさか」(岡山備中県民局主催、岡山県大阪事務所共催)へ。
私は きき酒師・日本酒学講師として計2本の日本酒セミナーと、BARタイム中の蔵元紹介を担当しました。

この週末は台風25号接近の影響が心配される中での開催となりましたが、フタを開けてみれば 開催時間中は雨すら降ることがなく。
今年も多くの来場者に恵まれました。

友人や仕事でお世話になっている方々も来てくださり。
メディアセミナーには昨年に続いて出席くださった方々のお顔も見えて。
あらためて、ありがとうございました。

和酒BAR in おおさか 参加蔵元今年もこの4蔵元が、自慢の地酒を手に参加。
左から
菊池酒造(燦然、奇跡のお酒)
芳烈酒造(櫻芳烈)
白菊酒造(大典白菊)
十八盛酒造(多賀治)

昨年に続く参加とあって勝手もおおよそ分かっており、私も楽しく蔵元紹介をさせていただきました。
大阪では いつもよりもノリノリのテンションでトークできる雰囲気があって、私自身 とても楽しいです。

和酒BAR in おおさかの会場会場のエキシビジョンスペース ドゥラポは、真っ白な内装が特徴のおしゃれな空間。
奥にはカウンタースペースもあり、いつかこのスペースを活かして燗酒コーナーとか地酒を使ったカクテルバーが特設できればいいのにと、ひとり妄想しています。

お客様は各蔵元ブースでチケットとお好きな酒1杯を交換し、スタンディングで試飲を堪能。
それぞれ各所で調達してきたおいしそう~なおつまみとともに試飲を楽しまれる姿が印象的でした。

和酒BAR in おおさかの様子昨年に続き、女性の来場者が目立ちました。
贔屓の銘柄を求めて来られた方もいれば、お仕事や出身地など 岡山と何らかの接点を持つ方の参加も多かった印象。

多くの方がこれまで備中の酒にあまり親しみがなく、これを機に色々と味わってみたいと訪れたとのこと。
備中エリアに多くの酒蔵があることに驚いていた方、その旨さにハマった方。
イベントの開始から終了まで、ほぼずっと楽しまれた方。
とにかく、会場には笑顔の輪が広がって、嬉しい限り。

メディアセミナーの会場セッティングイベント初日にはメディア対象のセミナーを、翌日には一般参加者対象のセミナーを担当。
今年は7月の豪雨災害を受け、備中の多くの観光地や蔵元が元気であることを伝え、来訪を呼びかける内容にこだわりました。
45分間のセミナーで伝えられる内容には限りがありますが、気持ちは伝わったと信じています。
メディアの皆様にはぜひ一度備中エリアに足を運んで、その魅力を直接味わい、伝えていただきたく思います。
そのために役に立てることがあれば、ぜひご一報ください。
セミナーを機に今後も交流いただければ幸いです。

備中の地酒 試飲酒一方、一般の希望者対象のセミナーでは、参加蔵元の試飲酒を用意。
おつまみも特別に準備してもらって、備中の地酒の特色を 地域の特色と合わせてお伝えしました。

こちらでも地域の観光情報に触れ、来岡をアピール。
伝え方にはもっと工夫が必要だと反省もありますが、進行やトークには大分余裕が持てるようになったかなと思います。
参加した皆さんにも少しは楽しんでもらえたでしょうか。

素隠居2日目には「素隠居(すいんきょ)」という倉敷のじじ・ばば(この日はじじ!)マスコットも登場。
正しくは…じじ・ばばに扮した若者をいう
手にしているうちわで頭を叩いてもらうと健康になるとか賢くなると言われる、縁起のよいキャラクターです。
叩いてもらった方、ラッキー。

岡山の地酒の知名度は、大阪や関西ではまだまだ。
買ったり飲んだりできるお店も少なく、今後開拓していかなければならない市場です。
山陽新聞デジタル内のコラム「日本酒とわずがたり」にはそのあたりについても言及しましたので、併せてご覧いただければと思います(次の記事がアップされるまでは、どなたでも無料で閲覧いただけます)。

そしてまた来年、開催されることを願っています。
継続は力なり。
私も今後に向けて、もっと地域に密着した取材活動を続けていきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中