2018年9月21日 岡山城天守閣にて「酒一筋を愉しむ夕べ」。創業150周年を祝う

岡山城天守閣

2018年9月21日「酒一筋を愉しむ夕べ」。
岡山城天守閣を借り切って催された素晴らしい会でした。

今年は利守酒造 創業150周年の節目の年でもあり、会場はお祝いムード。
利守忠義社長は冒頭、地の米、地の水を使い、地の人の技にこだわって醸す地酒にこだわり続けてきたこと、地元の財産ともいえる雄町存亡の危機を救った時の想いなどを振り返るとともに、これからも岡山の地酒と雄町を広めていきたいと話されました。
ここまで大きなご苦労も多々あったかと思います。
おだやかに話される社長の言葉一つひとつを、胸に刻みました。

酒一筋ラインナップ雄町で醸した「酒一筋」と、丁寧に作られた日本料理「穂浪」のお料理。
酒器は伊勢崎競先生作の 目にも鮮やかな緋襷の備前焼。

伊勢崎競氏作のぐい吞みぐい呑みはプレゼント。
乳白色をした土肌と鮮やかな朱の緋襷とのコントラストがとても美しい作品で、少し浅めに作られたフォルムもお気に入り。
会では酒一筋のお酒を、この酒器で堪能しました。

日本料理 穂浪のお料理宴の前には吉備舞(きびまい)のおもてなしも。
吉備舞を鑑賞したのは初めてのことでしたが、厳かで雅やか。
静かで美しい舞に、見惚れました。
吉備舞については、こちらに詳しい説明が。。

会場のようすこの日は県外からも多くの方が駆け付けていらして、盛大で華やかな宴でした。
利守酒造の創業150周年を心から祝うとともに、今後ますますの発展を祈念いたします。
利守酒造_利守弘充専務締めには五代目蔵元、利守弘充専務。
世界への扉を次々に開き、酒一筋と雄町をアピールし続ける専務のご活躍を期待しています。

岡山城天守閣からの夜景お天気が心配されましたが、開催時間帯は奇跡的に雨が止み、本当によかったです!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中