第10回雄町サミット(7月24日開催)のパネルディスカッションに登壇します。

第10回雄町サミットフライヤー岡山発祥の酒造好適米「雄町」で醸されたお酒を通して「雄町」の認知拡大や魅力発信を行う雄町サミット」は、今年で10回目を数えます。
開催日は2018年7月24日(火)。
昨年に続き、会場はホテルグランドパレス(東京都千代田区飯田橋)です。
内容は…


第一部 唎き酒会(酒販店、飲食店、酒造会社対象)12:00~14:30
会場/2階 チェリールーム 参加費/1,000円(当日支払い)
申込は、チラシ裏面の申込用紙を利用。要事前申込。
第10回雄町サミットチラシPDF(両面)
第二部 第10回特別企画 パネルディスカッション(どなたでも参加可) 15:00~16:50
会場/3階 白樺・鶴 定員/先着200名 ※参加無料(事前申込不要)
パネリスト(敬称略)/小関敏彦(山形県産酒スーパーアドバイザー)
長谷川浩一(株式会社はせがわ酒店 代表取締役社長)
市田真紀(日本酒ライター)
コーディネーター(敬称略)/松崎晴雄(日本酒輸出協会 会長)
第三部 懇親会(立食形式) 17:30~20:00(受付17:00~)
会場/2階 ダイヤモンドルーム
参加費/前売り5,400円(チケットぴあ)、当日6,000円
※当日券は若干数販売。枚数に限りあり
前売り券購入⇒ チケットぴあ (TEL.0570-02-9999  Pコード 639-463)


節目の年の特別企画として、今年は「雄町が醸す酒質とその魅力について」と題したパネルディスカッションが開かれることになっており、私はパネリストのひとりとして尊敬する方々とともに登壇させていただくことになりました。

懇親会への参加は事前申込推奨、有料ですが、パネルディスカッションはどなたでもお聴きいただけます(先着200名)ので、ぜひお越しください。
地元在住の雄町ファンとして、想いを語りたいと思います。

私にとって初開催された平成20年(2008年)といえば きき酒師の認定をまだ受けておらず、「雄町」の魅力すら分かっていなかった時分。
第4回の時に岡山地酒応援団の一人としてお手伝いをさせていただいたことをきっかけに、「雄町」をもっと理解し知ってもらうお手伝いがしたいと思ってきました。

近年は毎年参加を重ね、人脈もじわじわと拡大。
併せて「雄町サミット」に関連したイベントやセミナーの機会をいただいた年もありました。

年々 歓評会出品蔵や点数が増加し、飲み手への認知拡大につながっているのは、全農おかやまや岡山県酒造好適米協議会、岡山酒造組合による継続的な取り組みと、多くの団体・企業の後押しの賜物。
10回の節目の回をステップに、岡山で育まれる良質な「雄町」が県内外の酒蔵さんの手によって醸され、より多くの飲み手に愛飲されますように。

多くの方とお会いできるのが、今から楽しみです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中