おめでとうございます。第100回記念 備中杜氏自醸清酒品評会(2017.05.20)

第100回備中杜氏自醸清酒品評会備中杜氏組合が設立されたのは、明治32年(1899年)。
それから10年後の明治42年に 現在の倉敷市玉島で第1回備中杜氏自醸清酒品評会が開催され、今回 記念すべき第100回を迎えました。
戦中戦後には中断を余儀なくされた経緯もありますが、その歴史は全国でも2番目に古いものだそうで(知らなかった……もっと広報しましょう~)。

そんな喜ばしい日に参加させていただくことができ、とても嬉しく思います。
あらためて、備中杜氏自醸清酒品評会 第100回の歴史に敬意と祝意を表します。

第100回備中杜氏自醸清酒品評会 きき酒会の様子①節目の年の品評会。
最後の最後は1点を争う?かなりの接戦だったとの情報も。
そんな中、第100回を飾る最優等賞製造場に平喜酒造(喜平)が選ばれ、優等賞第1位には「喜平」大吟醸を出品した平喜酒造の原潔巳杜氏、同第2位に「大典白菊」白菊酒造の三宅祐治杜氏、同第3位に「燦然」菊池酒造の菊池東杜氏が輝きました。
みなさま、おめでとうございました。

第100回備中杜氏自醸清酒品評会 優等賞第1位「喜平」大吟醸

第100回備中杜氏自醸清酒品評会 優等賞第2位「大典白菊」大吟醸

第100回備中杜氏自醸清酒品評会 優等賞第3位「燦然」大吟醸第100回備中杜氏自醸清酒品評会 きき酒会の様子②上位に選ばれた3点は全国新酒鑑評会等での好成績必至ですが、出品酒全体を見渡すとかなりのバラエティ。
そこから見えてくるものがさまざまあり、思うところも大なり小なりありました。
”全国”の前哨戦と位置づけるのか、備中杜氏が培ってきた技術や育んできた風土を生かした出品基準や審査基準を設け、備中杜氏としての研鑚の場とするのか――。
さまざまな経緯と事情がある中、備中杜氏組合としてのひとつの指針が明確にならんことを陰ながら祈ります。

さて。
第100回備中杜氏自浄酒品評会 記念講演会の様子第100回を記念して行われたのは、備中志塾でも有意義な話を多数聴かせていただいた 民俗学者・神崎宣武先生の講演。

「白酒(しろき)、黒酒(くろき)、醴酒(ひとよざけ)、そして清酒―神から人へ」の中で語られたのは、サケのはじまり、清酒の歴史、そして備中の酒文化の伝承。
ちょうど先日、倉敷中島屋御前酒蔵元 辻本店の辻麻衣子杜氏と杜氏制度や備中杜氏にまつわる話をしてきたところだったので、より興味深く拝聴することができました。

日本酒文化、醸造文化をひもとく上で欠かせないのが古い文献ですが、灘で製造された清酒が江戸へと大量に下るようになった時代よりも前の時代を意味する「清酒以前」(神崎先生)においては文献が乏しいのが実情。
その多くは口伝によって守られ、進化の礎となってきました。
そして、そこには日本人が忘れてしまった大切な文化が宿っており、神崎先生は「現役の技術者である皆さんには、醸造科学の枠を越えて歴史にも関心を寄せ、時に検証を行うことで技術や文化を共有してほしい」(要約)とのメッセージも込められました。

岡山県出身である神崎先生の地元に対する思いはひときわ強く、「酒造の歴史、文化を岡山から全国へと発信されることを願っている」との言葉には、「岡山の人たちはもっともっと地元の文化を誇り、広く知らしめるべきだ」との提言も含まれているように感じました。
いわゆる「よそ者」の私は大いに共感した次第。
各造り手さんも個々にうかがえばそういう思いを強く持っていらっしゃいます。
ぜひ、その熱意を備中杜氏の総意にして、全国にもっともっと発信していかれることを願っています。

……というか、私にその役目、預けてくださいよー!

第100回記念 備中杜氏自醸清酒品評会
平成29年5月29日 岡山プラザホテルにて

(以下、敬称略)
◆最優等賞製造場 平喜酒造株式会社 「喜平」
◆優等賞 第1位   杜氏 原 潔巳   「喜平」  平喜酒造(株)
◆ 同  第2位   杜氏 三宅 祐治  「大典白菊」白菊酒造(株)
◆ 同 第3位    杜氏 菊池 東   「燦然」  菊池酒造(株)
◆優等賞大名人賞(30年連続入賞) 森田酒造(株) 「萬年雪」
◆優等賞大名誉賞(10年連続入賞) 杜氏 秋山 洋祐   「萬年雪」森田酒造(株)

◆優等賞入賞(杜氏氏名50音順)
・生本 滋春   「桃白眉」 赤磐酒造(株)
・石合 敬三   「十八盛」 十八盛酒造(株)
・板野 文伸   「二面」   (株)板野酒造本店
・内倉 直    「嘉美心」 嘉美心酒造(株)
・岡﨑 達郎   「極聖」   宮下酒造(株)
・落 昇     「大正の鶴」 (株)落酒造場
・小坂 慶次郎  「鶴の池」  小坂酒造(株)
・山上 道広   「三光」   三光正宗(株)
・竹内 卓朗   「加茂五葉」   (資)多胡本家酒造場
・田中 宏幸   「武蔵の里」  (有) 田中酒造場
・辻 麻衣子   「御前酒」    (株)辻本店
・利守 信之   「備前の酒一筋」 利守酒造(株)
・長代 俊明   「酔機嫌」  ヨイキゲン(株)
・平 暉重   「醉心」    (株) 醉心山根本店
・藤澤 英二  「さつき心」 萬歳酒造(株)
・丸本 仁一郎 「賀茂緑」   丸本酒造(株)
・守中 修   「櫻室町」  室町酒造(株)
・山成 遠平  「蘭の誉」  山成酒造(株)

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中