山陽新聞カルチャープラザ「知る、嗜む 日本酒の魅力」。8月度は日本酒の味わいについて、さまざまな角度からアプローチ。

日本酒講座(8月)試飲酒

お盆絡みで通常より一週間遅れで実施した、今回の日本酒講座。
新規受講生と継続受講生が入り混じる中、伝えるべきことは毎期しっかりとおさえる一方、何かひとつは新しい発見や驚きを得てもらおうと、毎回ない知恵を絞っています。

このたびのテーマは、毎度おなじみの特定名称酒を主体とした日本酒のタイプの解説。
さらには、旨い日本酒をより旨く味わうため、日本酒の味わいについて成分や構成など 少しマニアックな視点も交えつつお伝えしてみました。
一つは、ラベルに表示されている表示(日本酒度、酸度、アミノ酸度)から読み解く味わい。
甘口、辛口の実態にも迫りました。
さらには、普段なんとなく口にしている「コク」や「キレ」のニュアンスについても、受講生の皆さんとの意見交換を交えながら掘り下げてみました。

本講座では、日本酒の魅力を知りつつある飲み手の皆さんに、いかに第三者…たとえばお友達、あるいは飲食店や酒販店でオーダーする際にも自分の言葉でニュアンスが伝えることができるかに重きを置き、なるべく多くの方に味のイメージが分かりやすく伝わる手段を提供できればと考えています。
味わいのモノサシは人によって、また好みによっても異なる難しさはありますが、少しでも皆さんにとってヒントになれば幸いです。

講義のあとは、実際にきき酒して味のニュアンスを確認。
セレクトした5種類のお酒は、見事に味のタイプが異なります。
それぞれを飲み比べれば、解説した味の違いも見極めやすいのではとの狙いです。
受講生の皆さんにもその意図が伝わったのはもちろんのこと、どのお酒も評判がよく、選んでよかったと安堵。

日本酒講座(8月)おつまみ

本講座の週初めに胃腸をぶっ壊す夏風邪に襲われ、果たして準備が間に合うのかと不安になりましたが、おつまみもなんとか手配ができ。
過去にない綱渡りの準備は、まあいい経験になりました。
なんとななるさ、でしょうか。

御苑(みその)

ところで、前期まで継続受講してくださっていた方が こんなお酒を差し入れしてくださったので、みんなでシェア。
宮内庁の売店でのみ購入できるお酒だそうで、酒銘は「御苑(みその)」。
「川中島」や「幻舞」を醸す酒千蔵野(長野県長野市)が醸造を手掛けているとのこと。
知らなかった~。

落ち着いた香りと滑らかな口当たり。
王道の純米大吟醸酒。
講座のために、東京にいるご子息から送ってもらったそうで。
みんなとじっくりありがたく味わいました。
ありがとうございました!

◇今回の試飲酒◇
出羽桜 桜花吟醸酒(出羽桜酒造=山形県)
越乃寒梅 灑(さい)純米吟醸(石本酒造=新潟県)
結ゆい 特別純米酒 あかいわさんおまち 亀口直汲み生原酒(結城酒造=茨城県)
多賀治 山廃純米雄町 無濾過火入れ原酒(十八盛酒造=岡山県)
七本鎗 純米 滋賀渡船6号(冨田酒造=滋賀県)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中