「岡山地酒で楽しむ日本酒講座」5回目は、生酒と火入れの違いを知り、飲み比べ。

岡山地酒で楽しむ日本酒講座5回目試飲酒
「岡山地酒で楽しむ日本酒講座」5回目は、生酒と火入れがテーマ。
それぞれの目的や味わいの違い、保存方法などについて学び、飲み比べて違いを体感していただきました。

ここ最近はワンテーマを深掘りする方向で講義していますが、掘り下げるほどに面白い発見があり、準備する私も非常に勉強になっています。
「生詰め酒」「生貯蔵酒」って「生」と書かれていながら1回火入れという不思議。
こういう話題は、受講生の皆さんにとっては「へぇ~」な内容だったようで。
岡山地酒で楽しむ日本酒講座5回目の酒肴
おつまみも、オリーブの新漬けやいぶりがっこ、パルメジャーノ・レッジャーノに生ハムと充実。
予算の中でやりくりしたら、それなりに充実したプレートになるものです。

ところで、同銘柄・同スペックの生酒と火入れ酒を飲み比べていただこうと 十八盛酒造の「多賀治」純米雄町を用意したところ、この時期ならではの面白い違いが。
今年の春に搾られた生酒は熟成が進み、味により幅と深みがアップ。
一方、上槽間もなく瓶火入れした方が、むしろしぼりたてのピチピチとした口当たりとフレッシュな香味が維持されていたのです。

これが今期の新酒のタイミングだったら、また違う結果になっていたでしょう。
面白いですね。

そして、この日は受講生さんが岐阜県 御代桜酒造の「津島屋外伝 純米酒」を差し入れてくれたので、早速みんなでテイスティング。
(ありがとう!)
津島屋外伝 純米酒 der Vater Rheim(父なるライン)

ワイン酵母を使って醸したお酒で美味しい!と思ったものに出合ったことがほとんどなかったのですが、これはきれいな酸が表現されていていい感じ。
ブラインドで飲んだら、まさにワインかと思ってしまいそうです。
アルコール度数が11度と、体にすんなり馴染む感じもよかった。
原料米は信州産の美山錦だそうです。

さて、次回は今期最終回。
中山下の飲食店にて懇親会を兼ねて実施します。
今回欠席された受講生さんには別途案内します。
出欠の連絡を12月3日までによろしくお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中