執筆参加した日本酒専門誌「酒蔵萬流」第7号が、発行(10月1日)

酒蔵萬流007 原点へ回帰。
醸造用精米機メーカー 新中野工業株式会社(岡山県岡山市)が季刊で発行する 業界向け日本酒専門誌『酒蔵萬流』第7号が、本日発刊。

原点へ回帰。」と銘打ち、6軒の蔵元の取材記事や特集、さらには国内外で活躍する識者による寄稿文や、酒販店の立場から選んだ「この一本」に込めた思いや意見をちりばめた記事などがコンパクトに詰まった一冊になりました。

殊に今号は、米作りから酒造りまで一貫して取り組む蔵元の記事が目を引きます。
特集として山形県工業技術センター 所長の小関敏彦先生にインタビューした記事内でも、地域や蔵の”花”を酒に表現するにあたり「これからの地方や酒蔵は、米を持っていないと強くなれない」と語っておられ、大なり小なり関連性を感じずにはいられませんでした。

同誌は日本酒業界に向けた媒体なので、記事の中にはできるだけ業界への何らかの問題提起やともに考えるべき課題を盛り込みたいと思い取材をしますし、記事内で紹介した取り組みや理念が読者である同業界の方々にとってなにがしかのヒントになるものであれば幸いに思います。

とはいえ取材時は個人的な興味と関心が支配して、必要以上に幅広くお話を伺ってしまうところもなきにしもあらずなのですが、一誌、また一誌と発行を重ねるにつれ自身も成長していかねばと思っています。

引き続き、よろしくお願いします。

最後に今回取材でお世話になりました「瑞冠」山岡酒造(広島県三次市)「かもみどり」「竹林」丸本酒造(岡山県浅口市)の両蔵元さま、山形県工業技術センター 所長 小関敏彦さま、第3回酒米精米研究会の皆さまおよび山形県工業技術センターの石垣浩佳さま、工藤晋平さま、そして料飲店「ぶしの花道」の塚本武士さま、ご協力ありがとうございました。

『酒蔵萬流』第7号については、こちらをご覧ください⇒ 酒蔵萬流 2015秋号 原点へ回帰

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中