12月19日OPENの「キャンドル卓 渡邉邸」。~岡山地酒のセレクトを担当します~

「キャンドル卓」玄関口から店内をのぞむ

去る12月19日、倉敷美観地区にペガサスキャンドルさんが運営する「キャンドル卓 渡邉邸」がオープンしました。

今年春には同じ美観地区にある「ギャラリーしをり」さんで期間限定のキャンドルダイニングを営業されましたが、今度は通年営業(ダイニングは予約制)。
前回予約が取れなかった方、タイミングが合わなかった方には朗報です!

今回もドリンクメニューに岡山地酒がオンリストされることになり、私が四季折々のお酒を提案する運びとなりました。
よろしければぜひ、足をお運びくださいませ。

そんなわけで私、ひと足お先にお邪魔してまいりました。

「キャンドル卓」店内渡邊邸は、大正時代に建てられた古民家蔵。
建築家の楢村徹さんの手によって再生されました。

キャンドルのあかりと空間コーディネーターの原のり子さんが手掛ける装飾が、古民家ならではのしっとりとした風情を引き立てます。

岡山地酒のリストドリンクは、地ビールや岡山のワインもラインナップしていますが、岡山の地酒も、ぜひ。
毎月、その時期おすすめの地酒をセレクトします。
今月のチョイスは
◎大典白菊 純米にごり 生酒ウインターボム(白菊酒造)
◎冬の月 純米吟醸 無濾過生酒(嘉美心酒造)
◎御前酒 アキヒカリ 純米吟醸生原酒(辻本店)
◎奇跡のお酒 純米吟醸 雄町(菊池酒造)
◎落花流水 純米(落酒造場)
◎武蔵の里 山廃仕込純米酒(田中酒造場)
の6点。

お料理とともに味わいましたが、素材の味を大切にしたやさしい味わいとよくマッチしていました。

ヒヨコ豆とキノコの具沢山スープお料理は
◎ヒヨコ豆とキノコの具沢山スープ(上の写真)
◎イタリア野菜のバーニャカウダ(下の写真)
◎シフォン(シュトーレン)など デザート盛合せ
の3品。

一瞬、ん?少ない?と思われるかもしれません。
お肉や魚料理などがないので、私も最初はそう感じました。
ですが、いただいてみると かなり食べ応えがあります。
一品めはスープですが、見た目以上に具沢山。

イタリア野菜のバーニャカウダこのバーニャカウダが、圧巻です。
倉敷のフジワラファームさんの野菜が盛だくさんで、バーニャカウダに浸けながらいただくと、かなりお腹が満たされます。

野菜だけでなく、併せて提供されるパスタのファルファッレやパンにつけていただいてもとても美味しく、飽きることがありません。
いい素材を使って丁寧に仕込んだソースは、いくらでもいただけるのです。

デザート盛合せ
そして、酒飲みには十二分すぎるくらいのデザート盛合せ。
女性ならほぼ満足!なボリュームです。

2階ギャラリー
2階には、キャンドルの展示販売や、ガラスアートによる月替わりの展示が行われるギャラリーも。
キャンドルスタンド展示
こちらは予約なしで訪れることができます。
自宅のテーブルコーディネートに使いたくなるようなキャンドルや装飾品が多数あり、見ていると思わず入手したくなります。。。
中庭の様子

なお、カフェの営業もあり、ギャラリー同様に予約不要。
倉敷美観地区を訪れる際は、ふらりと立ち寄ってみてください。

詳細やディナーの予約は「キャンドル卓」のサイトから。
キャンドル卓 渡邉邸 サイト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中