秋田県産 雄町米の純米酒!(新政酒造)

新政酒造 純米 秋田雄町雄町米の懐の深さか、新政酒造の技術の賜物か。
どちらもあっての「秋田雄町」の酒、なのでしょう。

雄町米の故郷・岡山の人間としては、何かと気になって仕方がありません。
専用冷蔵庫を持たない身に一升瓶はハードルが高いけれど、それでも飲む価値あり!と思い、お取り寄せ。

「秋田雄町」の肩貼り

雄町の栽培地としての北限として知っている(飲んだことがある)のは、福島県喜多方市・大和川酒造店有する自社田だったのですが、さらに北上した秋田県大仙市での栽培に成功。
北限がどうこう言うよりも、雄町米のポテンシャルにあらためて関心する次第。

新政「秋田雄町」の裏貼り
新政酒造・佐藤祐輔社長の想いが詰まった裏ラベル。
これを読むだけでも、このお酒は「奇跡の1本」なのかもしれないと。。。
そんなお酒をここ岡山でいただけることに、さまざまな人の縁と喜びを感じます。

新政「秋田雄町」の裏貼り②

酒粕シチュー、南瓜煮とともに
さて、最近は自宅で飲む時間がめっきり減ってしまいましたが、飲みたいお酒が届いた日はやっぱりそれなりの料理(すみません、それなりしかできんのです……)とともに楽しみたいもの。

・南瓜と豚肉の煮物
・酒粕たっぷりクリームシチュー
・はなっこりーの和え物
・サラダ

まずは、テイスティング。
爽やかな酸味とともに立ち上る、甘い立ち香。
マシュマロのようなふっくらとした感じ。バニラや生クリームを思わせる、コクを伴った甘やかさも感じます。

含むと一転、糖度の高いオレンジのような甘酸っぱさが。
ここでも中盤にはバニラのようなしっかりとした甘みがありました。
やっぱり新政だ!ジューシー!
そして、すーっとフェードアウトしたあとにかすかに感じる軽い苦みすらも、心地よい。

雄町米の酒は幅が広く奥深い味わいであるべきとずっと思ってきたけれど、それは私自身が勝手に決めつけてきた定義なのかもしれません。
事実、近年 各地の酒蔵さんが雄町の酒を醸すようになってから、ずっと飲んでいたくなる酒質のものが増えてきた気がするのです。

酒粕のシチューと合わせると、のちにちょっとドライな一面を見せたり、和え物と合わせれば、はなっこりーのホクホクとしたおいしさが浮上。
甘目に仕上げた南瓜の煮物とともにいただくと、わずかな苦みを伴った酸が、次のひと口を誘う。。。

磨くばかりでは雄町らしい主張性のある旨みが表現されないとずっと思ってきたけれど、そぎ落とすことによって引き出される上質な旨みというのもあるのだなと実感。
どうつくればこのような酒質になるのか。。。明日にでも祐輔さんに会えるなら、ぜひ聞いてみたいものです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中