<満席>秋の「燭・楽・酒・席」は、頼久寺(高梁市)を舞台に。

頼久寺パンフ

今年4月に辻本店で初めて催された「燭・楽・酒・席~ローソクのあかりだけで楽しむ、季節の地酒とおしゃべりと~」
こんどは枯山水の庭園が美しい頼久寺(高梁市)に舞台を移し、暮れなずむ名園の景色とゆらめくローソクのあかりのもとで、 白菊酒造さんの銘酒と酒肴をお楽しみいただきます。

——————————————————————————
とき:11月2日(土)17:00~
場所頼久寺(岡山県高梁市頼久寺町18)
会費:5,000円(宿泊希望者は別途宿泊費要)
定員:50名(完全予約制)※キャンセルは1週間前(10/26)まで
申込み:ペガサスキャンドル(株) 担当:美藤(みとう)さん、古川(ふるかわ)さん
    086-465-1035(月~金 9:00~17:30)

——————————————————————————
※オプションとして高梁国際ホテルへの宿泊も可能です。
(参加費と別に、シングル6,500円、ツイン12,000円 ※いずれも素泊まり)
イベント参加申し込み時に宿泊希望の旨、お伝えください。
但し、部屋数に限りがあります。ご注意を。

詳細は、ペガサスキャンドルさんのサイトをご覧ください。
http://www.candleworld.co.jp/taku/syokuraku1311/

美酒をたしなむこと。
旨い酒肴を味わうこと。
とっておきの会話を楽しむこと。

“間”に酔いしれること。
設えを堪能すること。
そして、季節と時の経過が織りなす間の移ろいを感じること。

五感に響くあらゆるものを肴に、一期一会の秋のひとときをお楽しみください。

私はお酒の監修を担当させていただきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中