【レポ】菊池酒造さん×白菊酒造さん「岡山地酒を楽しむ会」

去る8月25日(土)は、「燦然」菊池酒造の菊池東社長と「大典白菊」白菊酒造の渡辺秀造社長を迎えての 岡山地酒の会でした。
会場は、柳川交差点近くにある「お食事ガーデン 花食」さん。
中庭の緑を楽しみながら 女将さんの家庭料理がいただける、隠れ家的なお店です。

出席者は総勢25名。
お酒と料理がゆっくりいただけ、蔵元との会話もたっぷり楽しめました。
これくらいの人数規模の会が、私はやはり好きですね。

菊池東社長(左)と渡辺秀造社長(左)菊池酒造・菊池東社長
(右)白菊酒造・渡辺秀造社長

大典白菊&燦然、当日のラインナップ
当日のラインナップ。
菊池酒造さんからは、
●木村式 奇跡のお酒 純米吟醸
●燦然 純米 山田錦
●燦然 純米 雄町

白菊酒造さんからは、
●大典白菊 夏吟醸
●生もと仕込純米酒 雄町
●大典白菊 原酒

さらに当日のサプライズとして、
7月28日に開催された成羽愛宕大花火仕様の雄町米のお酒とマスカットのリキュールをお持ちくださいました(感謝)。

毎回 参加者を喜ばせるアイデアを披露してくださるのは、渡辺秀造社長。
昨年の会ではキャンドルの灯りの中でお酒を嗜む、大人の会を演出。
そして今年は大典白菊 原酒を用いて、自ら「サムライ・ロック」をふるまってくださいました。

サムライ・ロック準備中
酒グラスにクラッシュアイスを入れて、大典白菊 原酒を注ぎます。

仕上げにライムを添えて「サムライ・ロック」の出来上がり。

サムライ・ロック
こうしていただくと、夏場の「お酒が重い」と感じる時期でも爽快にお酒をいただくことができます。
そして、日本酒独特の香り(これが苦手という方も少なくないはず)もカバー。
飲み心地が違います!

ちなみに「サムライ・ロック」の「サムライ」は、「サケ&ライム」が転じてついたネーミング。
嘘みたいな本当の話。
その転じるさまをテーブルごとに口頭で説明してくださった秀造社長。
ありがとうございます!大ウケでした。

マスカットにごり
会の終盤に出てきた「マスカットにごり」は、女子ウケ必至のスイートさ。
グラスに氷を浮かべ、デザート感覚でいただきたい。

菊池社長は各テーブルをまわり、参加者全員とゆっくりじっくり話し込まれていたのが印象的でした。
そして、女性の参加率が高いことを非常に喜んでいらっしゃいました。
「食に関心が高く、発信力のある女性の声が、これからは必要なんだ」と菊池社長。
これからもおいしいお酒をお届けください!

菊池東社長

会の雰囲気
終了時刻を大幅にオーバーした地酒の会も、無事お開きに。
両蔵元、ありがとうございました。

次回は未定ですが、決まったところでまた案内させていただきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中