新橋・方舟にて。

方舟(新橋)の店内入口
岡山ソーシャル祭inお台場」が無事終わり、打ち上げも盛大に?行われ……。
それでもまだ、今日は終わらない。
しかもまだ何かが足りない。
それもそのはず。
日本酒を1滴も飲んでいないから。

日本酒好きな仲間7~8名でお邪魔したのは、新橋にある「日本酒スローフード方舟」。
北陸(石川、富山、新潟)の地酒と郷土から取り寄せた素材を使った食が楽しめるという。
日本酒セラーを見せてもらって、テンションアップ(撮影もどうぞどうぞと。ありがとうございます)。

日本酒セラー食前酒はスマイルお猪口で。
オーダー後、食前酒のサービス。
新潟の真野鶴。
辛口で、グイグイとキレるタイプ。
スマイルお猪口がかわいい。

天狗舞 純米大吟醸50(右)と鶴齢 純米超辛口
(右)天狗舞(石川県)純米大吟醸50
純米大吟醸をご所望の友人のためにチョイス。
柑橘系のフレッシュな果実を思わせる吟醸香。
米の旨みもやさしく滲み出る、ジューシーさが女性ウケしそう。

(左)鶴齢(新潟県)純米超辛口 無濾過原酒
美山錦の精米歩合60%、日本酒度+11。
岡山でも日本酒度+12のお酒があるけれど、こんなドライでキレキレなお酒には出合ったことがない。
けど、これにハマると杯がとんとんと進んでしまうだろう。
お腹が一杯でなければ、料理と合わせていただきたかった(涙)。

羽根屋 純吟 煌火
そして、羽根屋(富山県) 純吟煌火(きらび)
上立香が華やかで、やさしい口当たり。
華があるというのは、こういうことを言うのだろう。

そういえば、こちらではキンと冷やした錫の片口にお酒が注がれ、同じく錫の酒器でいただけるのがうれしい。
お店のサイトを見ると購入できるようになっていて、購入しようかどうか迷い中…。

各テーブルが囲炉裏になっていて、本当は炉ばた焼きでも楽しみたいところだったけれど、先の打ち上げで既にお腹がいっぱいで。
それが心残り(軽く一品料理はつまみましたが)。
やはり日本酒はお料理とともに嗜みたいもの。
その楽しみは次回にとっておくことにしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中