「ひとくちの冬」松風の和菓子と今宵堂の器展へ。

雪の声(鹿の子)~ひとくちの冬~
ツイッターで交流させていただいており、いつか彼らが手掛けた酒器で美酒を愉しみたいと憧れていた「酒器 今宵堂」さん
北海道はニセコの和菓子工房「松風」さん とのコラボによる展示会「ひとくちの冬」(※1月22日18:00まで、岡山県赤磐市のCafe du Grace 921 gallery にて開催中)に初日と2日目限定で在廊と伺い、仕事の合間を狙って会いに行ってきました。

「ひとくちの冬」松風の和菓子と今宵堂の器

タイトルの通り和菓子とのコラボ展ということで、作品もすべて松風さんのほんわかあったかくてやさしい和菓子に合わせて創作されたものばかり。
それでも、お茶請けや茶器は、私の中でおつまみを盛る器や酒器へと勝手にイメージ変換がなされ…(笑)。
それぞれの世界を愉しみ、作り手の方々との談笑を愉しんだ末、小さな「白釉鎬杯」と「千鳥箸置」、そして松風さんの愛らしい干菓子(上の画像の右上参照)を“酒器として”購入。

今宵堂さんの器で、一杯。

お酒が注がれた「白釉縞杯」と「千鳥箸置」

作家のみなさんは話せばとても気さくで、作風そのままの温かいお人柄。
再び来岡の機会あらば、今度はぜひ一杯ご一緒したいものです。

そして、京都とニセコ、双方の工房も訪れてみたい。
新しい楽しみがまたひとつ、増えました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中