日本酒燦々@広島(5/25)!

日本酒燦々 会場の雰囲気

東広島市での全国新酒鑑評会 製造技術研究会を終えると、その足で広島市内へ。
パルコ裏・アリスガーデンで開かれた「日本酒燦々」に参加。

広島へ向かう道中、「鍋島」を醸す富久千代酒造の飯盛杜氏と蔵人の面々と偶然再会。
そのままご一緒させていただいたのは、うれしいハプニングでした。

日本酒燦々チケット

広島の酒蔵はもちろん、今回の東日本大震災で被災されたあの蔵や日本酒ファンに人気のあの蔵も参加!
プレオープンの時間帯からすでに大勢の人が一杯やっていて、岡山の田舎からふらっとやってきた私はしばらく呆然(笑)。
※これでも広島出身なのに…あぁ、すっかり他県の人になっちゃったなぁ。

……でなくて!
今回はちゃんと目的があってやってきたのです。
そのひとつが、↓この方にお会いすること。

寶剣酒造・土井鉄也氏と
呉市・仁方、寶剣(ほうけん)酒造の土井鉄也氏です。

ドイテツさんと初めてお会いしたのは、数年前の某誌取材。
当時、日本酒をほとんど飲まない上 知識ゼロ(でも、私なりに一所懸命取材した・つもり…)だった私の質問に丁寧に答えてくれた上、自身の日本酒に対する想いを静かに、しかし熱心に語ってくれた方。
その姿に胸打たれ、「この人の醸すお酒が呑みたい」と初めて思った時から、私は日本酒に目覚めたのです。

大げさでもなんでもない、本当のこと。

その後しばらくお会いする機会がありませんでしたが、どうしてもその時のお礼と、現状の報告をしたくて、えいやっとブースへ。

嬉しいことにすぐに気付いてくださって、またまた感動。
勢い余って、上の写真をお願いした次第(笑)。

感謝。

これからも私は、第一に岡山の地酒を応援。
そして、日本酒を応援。
取材し、書いて。
何よりいち消費者として。
肝臓をいたわりながら(笑)、日本酒のある食シーンをもっとありふれたものにするため頑張ります。

さらにこのあと、別件でお世話になった華鳩さんや天寶一さんへも挨拶。
また、ツイッター等で存じ上げていた富久長さんやフォロー関係にある皆さん、そしてこのイベントの主催者である大和屋酒舗さんとも会うことができ、収穫大な広島での一日は、無事お開きと相成りました(^O^)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中