日本酒と美食でカラダの中からキレイになる会(3 )

さて、日本酒と美食で…の(1)同(2)に続いて、今回チョイスした日本酒5点を記録しておきましょう。

献杯のお酒は、急きょ東北地酒に変更。
一白水成 純米吟醸酒 中取り
秋田県・福禄寿酒造さんの「一白水成」純米吟醸 中取り。
震災から間もなかったこともあり、少しでも多くの方の無事と早い復興を願って杯を合わせました。

おだやかな果実香と旨みが楽しめるキレイな味わい。
料理の邪魔をしないので、その後も杯を重ねる人多数。

以降は地元・岡山の銘酒をそろえて。
蔵開き限定酒など、この時期ならではのものを中心としたラインナップ。

丸本酒造 農産酒蔵オーガニック
まずは、丸本酒造さんの「農産酒蔵(オーガニック)
有機認定を受けた蔵元さんの田んぼで育てられた山田錦を、これまた有機認定された蔵で醸した純米吟醸酒。

スキッとした白ワインを思わせる味わい。
今回はどの料理にも合わせていただける1本としてチョイスしました。

三光正宗 ひのくち朝しぼり
蔵開き限定酒第1弾は、三光正宗さんの「ひのくち朝しぼり」。
3月5・6日の蔵開きに出向いて手に入れた1本です。

ここの“ひのくち”は売り上げ本数が年々うなぎ上り。
今年は初日で2日間の予想売上に迫る販売本数を誇ったそう。

パイン様の爽やかな香りとどしっとした旨み、そして終盤にわたって一気にやってくるキレが特徴。

渡辺酒造本店 ふなくち一番 純米酒(吟のさと)
蔵開き限定酒第2弾は、渡辺酒造本店さんの純米酒「ふなくち一番」。
こちらは蔵開き1日目と2日目で異なるしぼりたて純米酒を提供してくれ、私は1日目の「吟のさと」で醸した純米酒を入手しました。
しかも通常は大吟醸酒や鑑評会の出品酒などにしか行われない、袋搾りし斗瓶どりされた贅沢なもの。

まだ硬さが感じられたため、燗で試してみることに。
熱燗レベルまで一旦上げ、そこからぬる燗程度まで温度を下げたものが味がこなれて美味しかったとは、参加されたみなさんと私の一致した意見でしたね。

辻本店 純米大吟醸 スパークリング にごり
そして終盤に持ち出したのが、”暴れん坊”辻本店さんの純米大吟醸「スパークリングにごり」(300本限定)
キャップを緩めるとすぐにガスが抜け、シュワシュワと泡が迫ってくる!!!
慌ててキャップを締め直し、落ち着いたところで再び緩め…を10分くらい続け、ようやく開栓に成功。
スリル満点のひとときは、パーティの席におすすめ。

味はスキっとした軽快な味わいで、乳酸のさっぱりとした後口が微かに感じられます。
今回はデザート時にと考えて出しましたが、食前の1杯としていただくのもおすすめです。

————————

そんなわけで、早くも次回開催日が決定いたしました。

第2回 「日本酒と美食でカラダの中からキレイになる会」
日時:5月7日(土)19:00~
場所:美・食健康サロン輝き(岡山市駅元町23-10 ナカトウマンション2-1)

詳細はこれからになりますが、1回目同様健康、ひいては美容につながる理論に基づいた食事(レクチャーあり)と、私がセレクトした美味なる日本酒を、10名という少人数でゆったりとお楽しみいただきます。

その雰囲気はまさにホームパーティ。
はじめて・おひとり様でも大丈夫。
日本酒が持つリラックス効果の魔法で、参加された皆様とあっという間に親しくなれるはずです。

まだ席に余裕がありますので、どうぞ気軽にご参加ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中