日本酒とイタリアンのマリアージュ、体感。

少し前の話。
お誘いいただいて以来、長らく楽しみにしていたイベントに参加。

11月11日に総社市のイタリアンレストラン「湯田園」さんで開かれた「日本酒とイタリアンの美味しい関係」。
NPO法人「吉備野工房ちみち」さん主催のイベント「みちくさ小道」の一環で行われた体験型の催事です。

きき酒師・三村勝則さん
出迎えてくれたきき酒師・三村さん。決まってます!

「吉備野工房ちみち」のメンバーで、日本酒が縁で仲よくしていただいているOさんご夫妻が企画。
「酒のみむら」の三村勝則さんと「湯田園」さんがタッグを組み、渾身のオリジナルイタリアン×日本酒のマリアージュ体験が実現したのです。

さて、ここからは思い出しながらの記録。

当日の日本酒ラインナップ

こちらが当日出された日本酒ラインナップ。

左から三光正宗(岡山県新見市)さんの「克正」山廃純米 無濾過生原酒「辻善兵衛」(栃木県真岡市)純米吟醸雄町 活性にごり白菊酒造(岡山県高梁市)さんの純米吟醸「符羅琶(プラバ)」榎酒造(広島県呉市)さんの「華鳩」八年貯蔵 貴醸酒

そして、なぜか写真には入っていませんが、三村さんプロデュースの「天恩酒 温羅(うら)」純米吟醸ももちろんありました。

辻善兵衛 純米吟醸雄町 活性にごり
乾杯酒は「辻善兵衛 純米吟醸雄町 活性にごりで

前菜
一皿めの前菜。
根菜のピンチョス、黒豚のパテ、柿といちぢくのコンポートに生ハム(包んであったかな?)、スズキとトラウトサーモンの冷燻(くるみのチップ)アボカドソース、テリーヌ&自家製からすみ

辻善兵衛と温羅とともに料理をいただきましたが、どちらもよく合います。
特に温羅はこのあとのどのお料理にもマッチ。包容力のあるお酒だと、あらためて感じました。

トマトのスープ&リゾット
グラスにはトマトのスープが注がれて…種の部分を取って濾しただけのシンプルなスープですが、これが美味!

トマトのスープとリゾット
プレートにはボルチーニやしめじなどのきのこを使ったリゾットと、鶏のコンフィ。
ソースはブラックオリーブを使用。

子羊のローストゴルゴンゾーラソース
そしてこちらが子羊をローストしたものにゴルゴンゾーラを使ったソースをかけて。
濃厚なソースに合わせた「克正」がドンピシャの相性。
今回のベストマリアージュは、これでした。

ドルチェ3品
そしてラストはドルチェ3品。
バニラアイスクリームに貴醸酒を練り込んだチョコレート。そしてアールグレイのケーキ。
アイスには贅沢にも貴醸酒をかけて…!

これは私も以前「手作り料理と日本酒を楽しむ会」でやりましたが(その時は貴醸酒にごり)、本当に美味しい!
気品あふれる甘さは、まさに大人のスイーツ。
美味しいお酒の力にも助けられ、合い席したご夫婦とも和やかにお話することができ、本当に素敵な会でした。

この会を催すにあたって、スタッフの皆さんは事前に日本酒とお料理の相性を厳しくチェックしたとか。
おかげでどのマッチングも素晴らしかった!
日本酒ってイタリアンとよく合うこと、そしてあらためて日本酒の懐の深さを再認識した一日でした。

このイベントはぜひ2回目の開催を強く希望します。
関係者の皆様、ありがとうございました!

広告

2件のコメント

  1. >三村さま

    あのくらいの人数で和やかにいただけたのも、よかったです。
    自己紹介を機に、徐々に一体感が生まれて。
    あれもお酒のチカラですよね~。
    本当にありがとうございました。
    こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

  2. お写真お送りくださりありがとうございました。
    綺麗に撮れてますね、あらためて思い出し涎がでます(笑)

    次回もできるとよいですね^^
    今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中