体験。酒米の田植え

日本酒の奥深さに惹かれ、いちファンとなって数年。
その間、蔵元を訪ねたり、酒米農家を訪ねるといった経験はありました。
そして、ほんの一部とはいえ、酒づくりの体験も。

しかし、お酒の原材料であるお米づくりへの関与は皆無。
そんな中、2つのご縁に恵まれ、今年は田植えに参加させていただくことに。

利守酒造さん 雄町の田植祭1
去る6月5日は、岡山県赤磐市・利守酒造さんへ。
同蔵の試験田にて開催された「雄町米」の田植祭に参加し、田植えを初体験してきました。

苗の手植えはもちろん、田んぼに足を踏み入れるのも初めての経験。
はじめはすべての動きがおぼつかない状態でした。
それでも蔵人さんや参加者の皆さんと交流しながらの田植えは爽快。
ここで育ちゆく米が、来年、どんな旨いお酒に昇華するのか――。
そんな楽しみを描きながらの作業は、正直とても愉しかった。

利守酒造さん 雄町の田植祭2

さらに翌週13日は、三宅酒造さんが主催される「酒づくり大学」の田植え。
岡山県総社市奥坂にある圃場で、酒米「都」の苗を植えていきました。

酒づくり大学「都」の田植え
左は田植え前。右が田植え後。

この日は生憎の雨天でしたが、酒づくり大学13期生をはじめ 鬼の城地区コミュニティ協議会や鬼の城たたら倶楽部、そして川崎医療福祉短大の面々も参加し、賑やかに進行。
お昼までには2枚の田に無事苗のやわらなか緑が広がりました。

今後は草取りなどの手入れをし、イネの生育を見守ることになります。

今年の気象がちょっぴり気になりますが、どうか秋には立派に実りますように!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中