「立春朝搾り」@嘉美心酒造に初参加(2)

「立春朝搾り」到着。

 

「立春朝搾り」、到着

2月4日朝7時、嘉美心酒造さんにて。
まだ薄暗さの残る冷たい空気の中、「立春朝搾り」は スタート。

県内や備後地区をはじめ、遠くは兵庫県や長崎県(五島列島!)からも酒販店さんが結集。
5000本を超える搾りたてのお酒(4号瓶&1升瓶)のラベル貼りや箱詰め作業が行われました。

この日は日本名門酒会の飯田永介会長より「立春朝搾り」が始まって今年でちょうど干支を一巡したことに触れた上で、「あらためて、感謝の気持ちを込めて、お客様のもとに届けてください」とのメッセージが届き、嘉美心酒造の藤井進彦社長からは「ディスカウントが隆盛の時代に、販社のアイデアによる“店頭加工力”で乗り切ろう」との言葉が。

思えばこの催しも蔵元・酒販店、顧客を結ぶ取り組みの一つ。
思いを一つにすることで、従来の日本酒ファンはもとより日本酒にまだなじみのない人たちにも、いつかきっと新たなご縁が生まれることを望みたいものです。

さらに同蔵の福田杜氏からは、酒質の説明が。
前日でもだめ、明日でもだめ。今日ベストな状態になるよう作る“杜氏泣かせ”の「立春朝搾り」だけど、「飲み飽きせず軽快。それでいて朝日米の旨みも味わえる。完成した味。悔いはない」と自信を見せていました。

 

「立春朝搾り」ラベル貼り&箱詰め作業

 

肩ラベル貼り

 

肩貼りの秘密兵器!

 

手がかじかむほど冷たい中、丁寧に「立春朝搾り」の肩ラベルを貼っていくわけですが、嘉美心さんが用意してくださた↑この箱が大活躍。
貼り方が書かれ、瓶が納まるように切り取られた箱の上に瓶を沈め、斜めに引かれた赤い2重線に沿ってラベルを貼ればできあがり!
途中から作業を手伝った私にも簡単に作業することができました^^。

そして合間に交代で蔵の方が用意してくださった朝食もごちそうに。
あたたかいごはんにおかずやお漬物が並ぶ食卓は、蔵人さんがいただく朝ごはんと同じものなのだとか。
中でも絶品は、焼きさばと野菜がたっぷり入った、特製の粕汁。
これ一杯で満腹になるし、体も芯からあったまるし、本当に幸せでした。
残りの作業がこれでさらにはかどったのは、いうまでもありません。

さて、箱詰めされた「立春朝搾り」はその後、続々と各酒販店さんの車に詰め込まれ、近隣にある大浦神社へ。

 

 

私たちも「立春朝搾り」ののぼりに従って徒歩で向かいます。

 

 

境内の拝殿前には、各地から集まった酒販店さんの車がずらり!
壮観です。

 

無病息災、商売繁盛、家内安全などを祈願。
あらためて身の引き締まるひととき。

 

嘉美心酒造蔵元の、藤井進彦さん。
メディア対応のかたわら、私を含む参加者一人ひとりに声をかけていらっしゃった姿が印象的でした。

今回、お誘いくださりありがとうございました。
来年も、日本酒を愛好する一人として参加できたら幸せです!

 

おまけ。
嘉美心さんお手製のお飾り。
この松ぼっくりめちゃくちゃ大きくて、通常の3倍以上!
大浦神社の松の木になったものだと伺ったけど、それだけでもご利益がありそうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中