【日本酒ファイル】宮尾酒造「〆張鶴 純」

〆張鶴 純

我が家の冷蔵庫にうやうやしく保存してある日本酒が、残り少なくなってきました。
もう、気になって、気になって…!
仕事が一段落したある日、迷わず酒販店に走りました(笑)。

そこで手に入れたのが、こちらの「〆張鶴 純」(宮尾酒造)

ごく最近、居酒屋でいただいてからすっかりお気に入りとなり、この子と目が合った瞬間、手が勝手に……(^^ゞ。

■□■□■□

「純」は純米吟醸酒。
品よく控えめな吟醸香には好印象を抱きます。
しかもお米の旨みが含んだ瞬間からフィニッシュまで、その味わいを変幻自在に変えながら私たちの舌を楽しませてくれる、食中酒としてもオススメの一献。
後味もさっぱりとしているので、食事のはじめからラストまで飽きることなくいただけるというのも魅力かと思います。

〆張鶴 純とレンコンの酢の物私は普段、夕食とともに日本酒を嗜みます。
この日はサバの味噌煮に酢の物、サラダにお味噌汁というラインナップでしたが、〆張鶴が持つ酸味とレンコンの酢の物とのさっぱりコンビがお気に入りの組み合わせでした。
酢の物に使ったのがちょっと甘いめの玄米酢だったこともあって、〆張鶴側の酸が際立ったのがよかったかな。
梅干しの果肉とお酢とお醤油少々でつくったタレもかけたのですが…なんか“酸、酸”してますね(苦笑)。
別に妊娠中とかではないのですが^^;。

ちなみに酒販店ではもう1本お酒を購入しました。
この時期ですから秋あがり(ひやおろし)を行っておかないとね、ということで。
手に入れたのは地元蔵のもの。

こちらはまた、別エントリで報告します。

【〆張鶴 純 720ml 】1512円
酒米:500万石
精米歩合:麹50% 掛米50%
アルコール度:15%
※冷やがおすすめですが、人肌程度に燗をして膨らみのある米の味わいを楽しむのもいいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中