きき酒師について(1)

きき酒師認定証

 2009年7月、SSI認定のきき酒師呼称資格を取得(ライター名でなく、本名で取得)。
卵の殻が割れ、ようやく日本酒の世界に生まれ落ちたばかりのひよっ子ですが、今後は取材活動を通して、日本酒が日本の食文化たる真髄を自分なりに見出してゆきたいと思っています。

特に、今自分がお世話になっている地域(岡山)をはじめ、育ててもらった広島など縁(ゆかり)ある街を中心に。

 

* * * * * * * * * *

地形・気候・水・米・人…。
これらの条件がすべて合致してはじめて醸される、奇跡の滴。
日本酒はまさしく、その地その地の自然がもたらしてくれる恵みだと思います。
そして、この地で採れる魚介や野菜も然り。
地域によってお酒の味や口当たりが違うのは、こうした気候条件や地域の食文化と絶妙にマッチした賜物であると同時に、そこが日本酒の奥深さであり、そこはかとない魅力だと思うのです。

だから私は、まず足元にある宝物(地酒&食材)に対して敬意を表し、少しでも多くの方とそのよさを分かち合いたいと望んでいます。

しかし、日本酒とはまったく縁がなかった私。
なぜ、きき酒師を取るほど取りつかれてしまったのでしょう。

それはまた、時をあらためてお話しようと思います。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中